ブログ

フランス式アロマテラピーとイギリス式アロマテラピーの違い


アロマテラピーにはイギリス式とフランス式の2種類があることはご存じでしょうか?

日本で一般的に普及しているアロマオイルはイギリス式のものです。

イギリス式アロマテラピーは香りを楽しむ・リラクゼーションを目的とされています。

一方、フランス式アロマテラピーは

飲む原液のままつける香りを嗅ぐことによる薬理作用を目的としており、
海外では保険適用で医師が処方しています。
目的が違うのでグレード(品質)が全く違います。

当サロンではフランス式アロマテラピーを実践する目的で作られた「ヤングリヴィング」社のアロマオイルを使用しています。

ヤングリヴィング社はフランス式アロマテラピーのアロマオイルの中でも
最高級のアロマオイルで、アロマメーカーでは唯一自社ファームを持ち、
遺伝子組み換えされていない種を使用し、
無農薬の土地で育てられている植物を使った完全オーガニックなアロマオイルです。

その高い品質から海外ではヤングリヴィング社のアロマオイルを点滴し病気の治療を行っているクリニックがあります。
第3者機関で成分検査をしてから出荷しているため、安心して使えるアロマオイルです。

ご案内
ヤングリヴィング社のアロマオイル購入方法についてはこちら
→→→購入までの流れ
 
会員登録の為の『登録用紙』が必要な方、お届け致します。(有料:1部1,000円)
→→→会員登録用紙のご請求

関連記事

ページ上部へ戻る