ブログ

種へのこだわり~ヤングリヴィング社の精油の特徴~


遺伝子組換えの種を使わない精油へのこだわり

最近では遺伝子組換え作物は当たり前の様に店頭に並んでいます。
遺伝子組換えの種を使って育てられた植物にはいったいどんな問題があるのでしょうか?

遺伝子組換えの種の利点

一番の利点は、遺伝子組換えの種を使う事で人が植物を育てやすいという事です。
除草剤に対する抵抗力や、害虫に対する抵抗力を持たせることで、
除草剤をまき草取りの手間を省いたり、農薬をまく回数を減らしたりと、
農作業の手間もコストも削減することができるのです。

遺伝子組換えの種の問題点

遺伝子組換えの種の問題は様々ありますが、
ここでは人の健康面に影響が無いのか?という点を取り上げます。

※私は科学者でもなければ専門家でもありません。
子を持ついち親としての考えであり、何の保証も致しません。と前置きさせて頂きます。

なぜこれほど、今の日本に遺伝子組換えの種・食品が出回っているかというと、
食品安全委員会が決定した、『遺伝子組換え食品(種子植物)の安全性評価基準』というものが決められたからです。

この中で「実質的同等性」という言葉を使っています。
『遺伝子の性質がはっきりしており、性質が従来品種と変わらなければ、これまでの種類と同等と見なす』
と決められたのです。

遺伝子組換えをしたとしても、これまでの物とほぼ同じだろう。だからほぼ同じという事にしておこう。
という内容なのです。

これは企業側の利益ばかり優先され、
安全性に関してはグレーであるにもかかわらず、

『グレーであれば安全』という事になったようです。

安全に対する実験

企業側の実験では、遺伝子組み作物を商品化する前に実験は行っています。
そこで人に影響はかなり低いと結論づけているようですが、商品化を進める企業の実験です。
どこまで正確な実験結果なのかは分かりません。

実際に一部の消費者団体・又は大学等で、遺伝子組換え植物の安全性の実験もされています。
しかし現在のところ、遺伝子組換え作物が病気につながるといった結果は出てきていません。
しかし、今現在分かっていないだけで、今後も安全であるというわけではありません。
つまり分からない、グレーな事なのです。

しかし過去の事例を取り上げると、後々に病気の原因だったという事が分かる場合があります。
例を挙げると、日本の水俣病です。
これはメチル水銀と病気の因果関係が証明されることが遅れたことにより、環境汚染が広がり・病気が広がりました。
新日本窒素肥料(現:チッソ)は、メチル水銀が水俣病の原因であると証明されるまで、メチル水銀を垂れ流し続けたのです。

後に、遺伝子組換えの種の問題が分かっても、病気になった後では遅いのです。

より安全な物を提供したい

ヤングリヴィング 広島

フランス式アロマ(メディカルアロマ)は原液のまま肌に直接塗布することができます。
精油の分子は大変小さく、肌のバリア機能を通り抜け、血管に入り全身を巡り、自然の叡智が身体や心に作用していきます。

全身を巡るものがもし体に害を与えるものであったら・・・ぞっとします。
『身体と心の癒しを提供したい!』それを実現するためには、
最大限自然界に近い物・遺伝子組換えの種を使わない物で私のサービスを提供したいと思うのです。

ヤングリヴィング社の精油は抽出する植物からこだわっています。
更に言うと、植物の種からこだわってくれています。

遺伝子組換えで無い種を探しだし、そして農薬が使われていない土地を探して植物を栽培する。
このようにこだわっているヤングリヴィング社の精油だからこそ、
安心して私のサービス『身体と心の癒し』が提供できると思っています。

ご案内
ヤングリヴィング社のアロマオイル購入方法についてはこちら
→→→購入までの流れ
 
会員登録の為の『登録用紙』が必要な方、お届け致します。(有料:1部1,000円)
→→→会員登録用紙のご請求

関連記事

ページ上部へ戻る