ブログ

風邪予防にもなるクローブの精油・・・でも強力だからその使い方は注意してね


クローブはとても強力なエッセンシャルオイルです。

クローブの主成分であるイオゲノールは、
歯医者さんで歯茎を麻痺させるために使われています。

友人のご主人が歯医者さんで治療してもらった後、
麻酔が切れていた~い!!と言っていたので、
クローブを塗ってもらったら、
「痛みがやわらいでいいね~!」
と言っていました。(^.^)

ヤングリヴィングのオイルは原液で付けることができますが、
クローブは刺激が強いオイルなので、
使う時に注意が必要です。

私は肌に使う時は、
植物性オイルで希釈して使っています。

クローブ アロマ 使い方

風邪をひきやすい時期は
うがいの水に少~し落として
うがいをすると良いと言われています。

ナチュラルなもので家族の健康が守れると
とても良いですよね(^○^)

フランス式アロマの使い方を
無料WEB講座でもっと詳しく幅広く紹介しています。
ご覧くださいね。
(^^)

ライン緑小

無料WEB講座
コチラから登録できます。
↓↓↓

フランス式アロマの使い方

当サイトでご紹介しているのは、
フランス式アロマテラピー用のアロマオイルの使用法です。
日本で販売されているアロマオイルのほとんどは、
香りを楽しむためのイギリス式アロマテラピーのものです。
精油の質が全然違いますので、
イギリス式アロマテラピー用のオイルで
当サイトで書いてあるような使用方法をされないで下さいね。

また、体験談は個人の感想であり、
すべての方にこのような改善がみられるわけではありませんので、
ご留意下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る