ブログ

精油・アロマの種類と品質について

今「アロマ」と呼ばれている製品は、世の中に大変多く溢れています。

一般的に『アロマ』と呼ばれるであろう製品も、その種類や品質は様々です。
「気軽に香りを楽しむ」程度でしたら、問題はないでしょうが、
このサイトでご紹介している使い方を実践される場合、アロマの品質が重要です。

品質不十分なアロマで実践されても、思ったほどの効果が得られない、若しくは全く無い。
場合によっては、「肌が荒れた」などのトラブルに繋がる場合も考えられます。

※精油(アロマ)のご使用は、自己判断の上ご使用下さい。
万一事故などが起きた際にも自己責任となり、当方では一切の責任を負いかねますのでご了承くださいませ。

アロマを家庭の薬箱として活用するためには、
アロマの種類や品質について正しく理解し、正しいグレードのアロマ(精油)を選ぶ目が大切です。

今回は、アロマの種類・品質についてお伝えしますね。
 
 

アロマとは・精油(エッセンシャルオイル)とは

「アロマ」「精油」「エッセンシャルオイル」など、言葉が混同されている方も多いのではないかと思います。

アロマオイルとは

アロマオイルとは・・・
アロマオイル(英語:Aroma oil)は、植物に由来する天然香料・精油(エッセンシャルオイル)や合成香料を、プロピレングリコールやアルコール、植物油(キャリアオイル)や鉱物油などで希釈した製品を指すことが多い。
これは、香水や化粧品、食品に添加する香料、ポプリ作り、芳香を楽しむために利用される。
 
アロマティックオイル(英語:aromatic oil)、フレグランスオイル(英語:Fragrance oil)、ポプリオイル(英語:potpourri oil)、フレーバーオイル(英語:flavor oil)などとも呼ばれる。
合成香料を含むアロマオイルは、100%植物に由来する精油と混同されることもあるが、別物であり、アロマテラピーには利用されない。
ただし、メーカーや店舗によっては、稀に精油をアロマオイルと呼ぶところもある。
 
ウィキペディアより

日本国内では、植物由来の香り成分を含んでいるものを「アロマ」と呼ぶ傾向にあるようです。
高品質のものから、石油由来の合成香料や希釈されているものまで、「アロマ」と呼ばれる製品は多様です。
 
 

エッセンシャルオイル(精油)とは

エッセンシャルオイル(精油)とは・・・
精油(せいゆ)またはエッセンシャルオイル(英語:essential oil)は、植物が産出する揮発性の油で、それぞれ特有の芳香を持ち、水蒸気蒸留法、熱水蒸留法(直接蒸留法)などによって植物から留出することができる。
植物は、代謝産出物、排出物、フェロモン、昆虫の忌避剤などとして精油を産出すると考えられており、葉や花弁、根などの特別な腺に貯蔵される。
一般に多数の化合物の複雑な混合物で、その芳香から主に食品産業で香料として利用されている。
 
ウィキペディアより

エッセンシャルオイルは、日本名「精油」ですので、「エッセンシャルオイル」と「精油」同じものを指します。

精油は、植物が作り出した多種多様な有機化合物のことです。
 
この植物が作り出した有機化合物には薬理効果があり、人間の身体と心に様々な癒しの効果をもたらしてくれます。
 
 

精油とは『100%天然のもの』ということ

『精油は植物から取り出した芳香を持つ揮発性の油』の事を指します。
つまり
精油=『100%天然』のもの
の事をいいます。

一方アロマオイルは、植物由来の香り成分を含んでいるものを広く「アロマ」と呼ぶ傾向にあるので、
100%天然由来のエッセンシャルオイルから、石油由来の合成香料や希釈されているものまでを含めて「アロマ」と呼ばれているのが実情のようです。

一般的には
精油 = 『100%天然』のもの
精油 ≠ 『100%天然』のもの
となります。

※日本国内では、「アロマ」「エッセンシャルオイル」の表現に関して法整備が不十分であり、希釈・100%天然でないものもエッセンシャルオイルと表記しているもの、100%天然でないものに、商品名として「エッセンシャルオイル」と表示しているものもあるそうですので注意が必要です。

当サイトでご紹介している精油は
当サイトでご紹介している精油は、100%天然の精油です。

 
 

精油って「油」なの?

精油・・・「油(あぶら)」と書きますが、オリーブ油やエゴマ油の様な「油脂(ゆし)」ではありません。

油脂ではないので、油のようなベトつき感はありません。
水と分離する・水に浮く・油とよく混ざる・・・といった油とよく似た特徴を持っているので「精油」と言われるようになったのかもしれません。
 
 

精油の取り扱い方法

精油は揮発性が強いため、精油の瓶の蓋を開けっ放しにしておくと、それだけで気化してなくなってしまいます。
また熱にも弱く、暑い場所に放置しておくと、精油の薬理成分が変化してしまう恐れがあります。

光にも弱いので、保存の為の容器は遮光瓶が一般的です。

精油は大変貴重なものであり、そしてデリケートなものですので、大切に扱ってあげて下さい。
 
 

アロマテラピーとは

アロマテラピーとは、精油、または精油を含む芳香物を使って、病気や外傷の治療、病気の予防、心身の健康やリラクセーション、ストレスの解消などを目的とする療法の事をいいます。
 
国内と海外では、アロマテラピーに対する捉え方が少し違うようです。
海外のアロマテラピーは、治療を目的としたものから、香りやマッサージによるリラクゼーションを目的としたものまで、利用の幅は様々です。

一方日本国内では、治療を目的とした利用法は認められていません。
リラクゼーションを目的とした利用法のみが普及しています。
 
 

アロマテラピーの種類(フランス式・イギリス式)

アロマテラピーは大きく2つの種類に分かれます。
◇フランス式アロマテラピー
◇イギリス式アロマテラピー
ではこの2つのアロマテラピーにはどの様な違いがあるのでしょうか?
 

フランス式アロマテラピーとは

フランス式アロマテラピー
フランス式アロマテラピーは、精油の薬理効果に重きを置き、利用されているアロマテラピーです。
 
フランスでは、アロマは医療行為として普及しています。
「アロマ専門の医師がいて、医師の処方で薬局で精油を買う」といった取扱をするようです。
 
利用方法も香りを嗅ぐだけではなく、直接塗布したり、飲用したり、点滴として利用することもあるそうです。
 
直接塗布・飲用といった利用をするので、フランス式アロマの場合は、精油の品質が重要となります。
一般的にフランス式アロマは、品質の高い物が多いようです。

 
 

イギリス式アロマセラピーとは

イギリス式アロマセラピー
イギリス式アロマセラピーは、主として美容・リラクゼーションを目的として利用されています。
 
フランスから伝わったアロマセラピーですが、治療行為では無く美容目的で広がっていきました。
アロマセラピーを広めたアロマセラピストは医者ではなかったため、「病気を治す」という表現を避け、「精油を体内に取り込む技術」が発展していきました。
そして時代が経過するにつれ、これに「精油の香りを嗅いで体と心を癒す技術」といった意味が加わります。
 
このように、イギリス式アロマセラピーは、香りに重きを置き、身体と心のリラクゼーションを目的としたアロマです。
 
※ちなみにアロマテラピーでは無く、アロマセラピーといった言葉もありますが、フランス語(アロマテラピー)と英語(アロマセラピー)の違いです。

 

日本国内で一般的なアロマテラピーは

日本国内で広く普及しているアロマテラピー「イギリス式のアロマテラピー」です。

日本国内では、フランス式アロマテラピーの認知度はまだまだ低くいようです。
「飲める・直接塗布できる精油がある」と言うことに驚きを感じられる方も多いと思います。

それでも、最近では、「アロマが認知症改善につながる」など研究がされるようになり、テレビでも取り上げられるようにはなってきました。

「アロマと認知症予防」について取り上げられたテレビ番組です。
↓↓↓

番組の中でも言われていましたが(8分30秒付近)、フランス式アロマテラピーを実践される場合、精油の品質が大変重要です。
品質がよく分からない精油で実践されませんよう、ご注意下さい。

当サイトでご紹介している精油は
当サイトでご紹介している内容はフランス式アロマテラピーです。
 
また当サイトでご紹介している精油は、フランス式の使い方ができる精油です。

 
 

フランス式テラピーには品質が重要

繰り返しますが、フランス式アロマテラピーを実践される場合は、精油の品質が重要です。

香りが反乱している時代ですから、化学合成で似たような香りがする物(精油ではない)が溢れています。
石油から化学合成で作りだされた香りは、安価で手軽ではありますが、想定外のトラブルに繋がる場合もあります。

『石油系の化学合成=不自然な香り』な訳ですから、身体が無意識に拒否反応を起こすのも当然です。

また香りを楽しむだけでなく、直接塗布や飲用といった直接的な使い方をする場合は、安全性も考慮し、精油の品質はより重要になってきます。

使われる精油は、その品質をしっかりと選ばれる事をオススメします。

100%天然の精油

基本ではありますが、本物の精油であることが大切です。
商品名に「エッセンシャルオイル」と書いているだけで、石油系の香料ということもあります。
メーカーなどもきちんと調べ、どのような工程で作らているかを調べることが重要です。

当サイトでご紹介している精油は
当サイトでご紹介している精油は、100%天然の精油です。

 
 

精油の素となる植物の品質

精油もグレードの高いものになると、素となる植物にもこだわりがあります。
植物は人間の都合に合わせてどんどん品種改良がされ、改良された植物はその植物本来の力が落ちている場合があります。

より原種に近い種選び、その植物に合わせた栽培地・栽培方法など、植物の品質へのこだわりが、精油の品質に直結します。

当サイトでご紹介している精油は
当サイトでご紹介している精油は、原種に近い種を厳選して育てられた植物から作られている精油です。

 
 

蒸留方法へのこだわり

抽出方法によっても精油の薬理成分は変わってきます。
抽出方法によって、精油の品質が変わるのです。

短時間にたくさんの精油を抽出するために、高温で一気に抽出するという方法もあります。
安価にたくさん抽出ができるので、製品の値段が安くなる・流通しやすくなると言ったメリットがありますが、精油は熱に弱いため、こうして抽出された精油は決して品質が高いとは言えません。

品質の高い精油を選ぶためには、どの様に精油が抽出されているのか、知る必要があります。

当サイトでご紹介している精油は
当サイトでご紹介している精油は、品質最優先で抽出されている精油です
時間も手間もかかる手法ですが、最上位グレードの精油が抽出され製品化されています。

 
 

精油ができあがるまでの工程管理

植物の栽培から製品化まで、1社が全て行っている精油メーカーはほとんどありません。
私が知る限り、ヤング・リヴィング社1社だけです。

全ての工程を1社で行うことで、精油の品質を管理把握することができます。

多くの精油メーカーは、分業化です。
・抽出・製品化のみを行う精油メーカー。(植物は他社から購入)
・製品化(ボトリング)のみ行う精油メーカー。(抽出した精油を他社から購入)
といった精油メーカーがほとんどです。

分業化による問題点は、他社が関わっている部分は把握できないという点です。
・どんな場所で・どのように育てた植物なのか?
・どの様な抽出方法で抽出したのか?
など精油メーカーは把握する事ができません。
※一部企業では、成分検査を行い、不足する成分を添加している場合あるそうです。
つまり100天然の精油ではなく、人工的に成分調整をされた精油ということです。

精油が作られた工程がハッキリしているという事は、安心ですよね。

当サイトでご紹介している精油は
当サイトでご紹介している精油は、全ての工程を1社で行っている「ヤング・リヴィング社」の精油です。
種まきから製品化まで全ての工程は最高レベルで管理され、最上位グレードの精油が作られています。

 
 

ヤング・リヴィングの精油とは

当サイトで取り扱っているヤング・リヴィング社の精油は、フランス式アロマテラピーが実践できる精油の中で、最上位グレードの精油です。

創始者ゲリー・ヤング氏自身が、精油で自身の怪我を完治させ、精油に感銘を受けたことにより始まった会社です。

「世界中の家庭へ、ヤングリヴィングの香りの薬箱を」という想いで精油を作られています。
海外にはヤング・リヴィング社の精油が使われている病院が既にあります。

>>ヤング・リヴィング社の精油について<<
こちらの記事をご覧ください。
↓↓↓
http://aromaschool-hiroshima.com/essential-oil/
 
 

日本国内に溢れているアロマ・精油

現在の日本では、アロマと呼ばれる製品がたくさんあります。
雑貨店手軽に・気軽に購入できるものから、専門店で購入できるものや、紹介でしか購入できないもの。
石油系の合成香料というアロマもあれば、種や栽培方法・抽出方法にまでこだわった100%天然の精油まで、
たくさんの種類・品質のアロマが、「アロマ」という一様の呼び名で取り扱われています。

一般の人には、その品質の違いについては、なかなか分かり辛いと思います。

とはいえ、アロマと名の付いた「石油系の合成香料」を飲用したり・直接塗布してはいけない事は容易に想像できますよね。
本物を見極める目が大切です。

本物の植物の香りは、日々のワンランクアップさせてくれます。

本物の精油は、私達の心と身体を癒してくれます。
リラクゼーションはもとより、使い方を学べば、家庭の薬箱としての使い方もできます。

そういった生活を豊かにする精油のある生活をするために、是非、本物の精油を使ってくださいね。

ヤングリヴィングの精油について
メディカルアロマ相談_使い方/選び方など
http://aromaschool-hiroshima.com/consultation/
 
最もお得に購入する方法
http://aromaschool-hiroshima.com/blog-10/
 
『会員登録用紙』お届け致します。
(有料:1部1,000円)
http://aromaschool-hiroshima.com/document-request/

関連記事

ページ上部へ戻る