ヤングリヴィング エッセンシャルオイルとは


ヤングリヴィング社のエッセンシャルオイル(別名:精油/アロマオイル。以下:精油)については、既に多くのインターネットサイトで紹介されています。

ここでは、ヤングリヴィング社の精油について、一般的な内容に加え、アロマセラピストとして多くのクライアント様にヤングリビング社のアロマを使わせて頂いた私(武田宏美)の体験・価値観・お客様からの体験談も加えてご紹介させて頂きます。

essential-oil01

Young Living エッセンシャルオイルのこだわり

ヤングリヴィング社の精油は、自然なもの・本当に良いもの、手間ひまかかっても本物を提供するという、こだわりを持って作られた精油です。
その徹底した精油に対するこだわりをご紹介します。
 
 
<種に関するこだわり>

ヤングリヴィング社の精油に使われている全ての植物は、種から厳選しています。

種は、より原種に近い種を探し出すことからはじまります。より原種に近い種から植物を育てることで、その植物本来の性質を抽出することができるからです。
ヤングリヴィング社の精油は、この探し出した種から育てた植物のみを使用し、作られています。
品種改良された植物や、クローン技術で人工的に作られた植物は、原種と比べ性質が違ってきています。
植物の性質が違うとは、結果的に植物から取れる精油の性質も違ってくるからです。

例えば、ラベンダーに関してですが、ラベンダーといえば、本来はその香りで心身にリラックスを与えてくれます。

しかし、現在一般的に流通しているラベンダーの多くは、「ラバンジン」や「クローンラベンダー」と呼ばれるものです。
※ラバンジンは真正ラベンダーとスパイクラベンダーの交配種のことです。

ラバンジンはリラックス作用よりも神経活性作用の方が強く、
結果「ラベンダーでリラックスしようと思って、(知らずに)ラバンジンを使うと、反対に目が覚めしまった。」
といったことが起こります。

ヤングリヴィング社は、より自然の叡智が詰まった原種に近い種のみで植物を育て、精油を作ってくれています。

essential-oil02

<栽培方法・農園に関するこだわり>
こだわりは種だけではありません。
同じ種であっても、育て方、日照条件、収穫時期によっても精油の品質は変わってきます。

例えば、標高によっても違ってきます。ラベンダーの主要成分の酢酸リナリルは、標高が高くなるほど増えると言われています。
ヤングリヴィング社は、植物に合わせて農地を厳選しています。
また「過去に一度も農薬が使われていない土地」という条件も加えて厳選しているので、山奥の土地を開梱して農地としているそうです。

さらに、農耕機械の排ガスも植物に良くない!ということで、牛を使っての開梱というから、そのこだわりがものすごいことが良く分かりますよね。

<蒸留(製造)方法に関するこだわり>
ヤングリヴィング社の精油は、手間も時間もかかる低温抽出による蒸留で精油が抽出されています。

もっと効率の良い蒸留方法もあります。
・高温で一気に抽出してしまう方法
・たくさんの量を抽出する方法など

しかしそのような方法で抽出した精油には、自然の叡智など存在しないことをヤングリビング社は知っているのです。

時間はかかる・抽出できる量も限られる。でも本物を届ける為に、抽出成分を壊さない製法にもこだわっています。

また蒸留するための工場は農場の直ぐ側に作られています。
これは収穫後時間を置かず抽出するためです。

<品質検査>
ヤングリビング社の精油は、製造後直ぐに検査をされます。
検査結果で基準を満たさない精油は廃棄されます。

最高品質の精油以外は市場に出さないためです。

その年の気候により、植物の生育が悪い時もあります。
これは、精油を製品として出荷できない。ということに繋がります。
※実際にヤングリビングの精油は欠品というアイテムも多いです。

しかし、欠品・品薄になっても、最高品質でない精油は販売しない。
本物でない精油は取り扱わないというヤングリビング社のこだわりなのです。

<製品化>
ヤングリビング社の精油は、精油の抽出から遮光瓶へのボトリングまでの間、ガラスとステンレス以外のものに触れることがありません。

これは精油の変質を防ぐためです。

最高品質で、種から育たられ抽出された精油は、最後のボトリングに至るまで最高品質のまま製品としてつくられ、私たちの手元に届きます。
これがヤングリヴィング社の精油に対するこだわり、
世界最高品質の精油を作り続けるこだわりなのです。

<SEED to SEAL〜種まきから製品まで〜>

これまでご紹介したように、ヤングリヴィング社の精油は、種まきから製品製造まで全てにこだわって作られています。
このように全ての工程を一つの会社が行っている精油は他にはないでしょう。

多くの精油メーカーは、
・蒸留〜製造(ボトリング)のみを行っている(植物の栽培・収穫までは別の会社)
・製造(ボトリング)を行っている(植物の栽培〜蒸留までは別の会社)
といった精油メーカーが多いのが現状です。

この場合、どんな環境で植物が育てられたか?植物の品種は?蒸留方法は?
製造・販売会社は把握できません。

ひどい場合は、精油に混ぜ物がされ、成分分析上数値だけ満たすように加工がされていても分からない。
現在市場に流通している精油の中には、安価ではあるが、中身は人工的な香料であって精油と呼べないものも多くあると言われています。

ヤングリヴィング社は、農場・抽出工場など会員に公開しています。

創始者D ゲリー・ヤングの想い

「世界中の家庭へ、ヤングリヴィングの香りの薬箱を」
という想いの元、ヤングリヴィング社の創始者D ゲリー・ヤングさんは事業をされています。

またゲリーさんはこうも言われています。
『地球上にある病気は、地球上にある植物で治せるはずだ。
人のためにやっていることだったら私は宇宙に護られる』

既に70歳近い年齢の方なのですが、とてもエネルギッシュで年齢を感じさせない方です。

8322078_orig

なぜゲリーさんが世界最高品質の精油にこだわっているか!
「世界中の家庭に香りの薬箱を」と提唱している理由は、ゲリーさん自身の体験からと言われています。

ゲリーさんは、24歳の時に仕事中(木こり)に伐採事故に遭って半身不随となってしまいました。
当時は一生車椅子での生活と周囲には思われていたそうです。
絶望したゲリーさんでしたが、自身で自然療法・代替療法などを勉強し、少しずつ身体が回復。
松葉づえが要らないほどにまで回復するようになりました。

その頃エッセンシャルオイルに出会います。
エッセンシャルオイルを自分に使うことで、更に痛みが和らぎ、どんどん身体が動くように。
事故から13年後には、ハーフマラソンを完走するまでに回復されたそうです。

この経験を元に、エッセンシャルオイルの素晴らしさを実感!
「一人でも多くの人にエッセンシャルオイルの素晴らしさを届けたい。」
「最高品質のエッセンシャルオイルを届ける。」

「世界中の家庭へ、ヤングリヴィングの香りの薬箱を」

という想いの元に、事業を始められたようです。

参照元:D. Gary Young - Biography〜D ゲリー ヤング 略歴〜(英文です。)

アロマの種類

アロマオイルにはイギリス式とフランス式とがあります。

<イギリス式アロマテラピーとは>
日本で一般的に普及しているアロマオイルはイギリス式のものです。

イギリス式アロマテラピーは香りを楽しむ・リラクゼーションを目的とされています。

香りを楽しむ以外には、少量の精油を植物油(キャリアオイル)に希釈してマッサージやエステで利用したりもしますが、あくまで目的はリラクゼーションです。

誰でも気軽に楽しめるというのが、イギリス式のメリットです。

  essential-oil03

<フランス式アロマテラピーとは>

フランスでは、医療としてのアロマテラピーが普及しています。
医療機関では、精油が保険適用で処方されたりもしています。

使い方は、香りを楽しむだけにとどまらず、
飲用・直接塗布(希釈無しの場合も)・点滴として利用する場合もあります。

 
essential-oil04

フランス式アロマテラピーで用いられる精油は、直接身体に取り入れるものであるため、精油の品質はとても厳しく定められています。

ヤングリヴィング社の精油は『フランス式の精油』です。
そして、ヤングリヴィング社の精油は、フランス式精油の基準よりも厳しい社内基準を設定しており、フランス式アロマの中でも最高品質の精油といえます。

日本でのアロマの位置付け

日本国内ではアロマを「雑貨」と位置づけています。

品質検査も基準もありません。
医療行為にも使えるフランス式メディカルアロマから、石油から作られた雑貨アロマまで『同じアロマ』として取り扱われています。

品質が一定とは言えないため、安全の為に
「アロマは飲んではいけない。」
「直接塗布してはいけない。」
「香りを楽しむ、リラクゼーションの為のもの。」
として広まっています。

essential-oil05

フランス式アロマはメディカルレベルで扱えるものです。
上手に活用できれば、心と身体に健康と活力を与えてくれますが、まだまだ認知度が低いことが実情のようです。

アロマを生活に取り入れるためには、本物の精油を選ぶ目を持つことが大切です。

私・家族の体験談

私には現在、もうすぐ3歳になる息子がいます。(記事投稿当時)

ありがたいことに元気いっぱいに育ってくれています。(*^^*)

更にありがたいことに、風邪・お熱・お腹の調子が悪い・・・といった体調不良がほどんど無いのです。
保育園にも通っているのですが、周りのお友達が、インフルエンザ・ノロウイルスでお休みするなか、息子は、元気に登園してくれています。
子供が元気でいてくれることは大変嬉しいですし、また仕事している身としては、休まず登園してくれる事はありがたい事だなと思います。

<インフルエンザの流行時の体験>
何回かはお熱が出たり・体調を崩したりはありました。
親として心配ではありますが、ヤングリヴィングの精油を使うことで、翌日には元気いっぱいという事がほとんどです。

保育園でインフルエンザが流行している時は、ヤングリヴィングの精油(ヤング・シーブス)を家でディフューズ(空気中に散布)しておきました。
息子含め家族全員、インフルエンザにかかること無く元気に過ごせています。

<乳児湿疹の体験>
息子が乳児だった頃、顔の湿疹がひどかったです。
【病院へ連れて行こうか!?】【跡が残ったらどうしよう。】
何度も悩みました。

その時の対処としては、ヨダレなどでベトベトな肌を、水で濡らした清潔なガーゼで拭き、肌を清潔にしてあげました。

 
乳児湿疹 アロマ

そして、ヤングリヴィングの精油(ラベンダー)を植物油(キャリアオイル)希釈したものを塗ってあげました。
※乳幼児には、効果が強すぎるため希釈が必要と考えました。

時間はかかりましたが、今は完治し、跡も残っていません。
きれいな肌をしていますよ。

<火傷の体験>
子どもが乳児の頃の話です。
パパが熱々の焼きおにぎりを食べこぼしをして、子どもの首元に熱々の焼きおにぎりが・・・(@_@;)
大きな範囲ではありませんが、皮が剥けてしまう程の火傷をおってしまった息子。
大泣きをしていました。(当たり前です。パパ反省しろ!)

直ぐに、ラベンダーの精油を塗ってあげました。
1日に数回。
希釈したかは・・・覚えていません。^^;

首元という、皮膚の柔らかい部分で、跡なが残らないか心配していまいたが、跡が残ることも無く、きれいに治っています。
 
 
などなど、本当に我が家では、精油のお陰で家族全員が助けられています。
もちろん症状を見て、病院を頼ることもあります。
精油で全てが解決とは思いませんが、選択肢が増える!
「自宅ですぐケアできる!」そんなお手当方法を知っていると安心ですよね。(*^^*)

※体験談は個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません

お客様から頂いた感想

現在はお客様のお申込みをストップしておりますが、アロマセラピストとしてお客様にアロマトリートメントなどの施術をさせて頂いた時、お役様から頂いた感想をご紹介させて頂きます。
※体験談は個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。
※感想は、お客様より許可を頂いてご紹介させて頂きます。

アロマトリートメントを受けてその後の感想☆

その後帰宅してすごく眠くって眠くって。
そのまま寝ましたZzz..(ˇ㉨ˇ๑)

翌日から悪夢←こわい夢を何回か見て、夢を見るのは脳のデトックスと聞いた事あるので、
なるほど~と思いながら感じていました。

その後生理もきていつもなら出血が3日位でなくなり後の4日間はちょろちょろっとって感じでしたが
今回は緩やかに出血もあって身体もすごく楽でした。

30才過ぎた頃から出血量も減り大丈夫か?なんて思ってましたが
今回は理想の感じというか。←女性しか分からないとこなので表現が難しいですが(>人<;)

ひろみさん、ありがとうございます(*´╰╯`๓)τнänκ чöü ♬*゜

(女性)

 

すべての体験が初めてでした。
まずは香りでリラックス、お話も分かりやすく安心して施術に向き合えました。

今までもエッセンシャルオイル好きでしたが、奥の深さに感動しました。

(女性)

私(武田宏美)の想い

私も家族も、ヤングリヴィングの精油にたくさん助けられてきました。
そしてこれからもたくさん助けてもらうのだろうと思っています。

この小さな小瓶が家にあるだけで、カバンに入っているだけで、安心できます。
息子はわんぱくになってきます。
危険なこともいっぱいするでしょう。
小さな怪我をすることも増えるでしょう。
でもいざという時、助けてもらえるという安心感があるのです。

他人と関わることで、成長もしますが、喧嘩もいっぱいするでしょう。
傷つくこともあるでしょう。
そんな時もアロマが助けてくれると信じています。

アロマが感情を癒やし・気持ちを落ち着かせてくれる。

私も・子供も・家族も精油に助けられながら生活できる事を嬉しく思います。

  essential-oil07

ヤングリヴィング社・ゲリーヤング氏の思いでもある、
『全ての家庭に、ヤングリヴィングの香りの救急箱を』
この理念はとても共感できることですし、
私も、この理念に協力できたらなと思っています。

私がヤングリヴィングの精油に出会ったのは、偶然です。
たまたまご縁を頂けただけです。
ご縁を繋いで頂けた友人にはとても感謝をしております。

今度は私がご縁を繋いでいける立場に・・・。

『家庭に、一人ひとりに、香りの救急箱を』
共感頂ける方へ、ご縁つなぎができたら嬉しく思います。
 
 

ご案内
ヤングリヴィング社のアロマオイル購入方法についてはこちら
→→→購入までの流れ
 
会員登録の為の『登録用紙』が必要な方、お届け致します。(有料:1部1,000円)
→→→会員登録用紙のご請求
ページ上部へ戻る